About my Art

Episode21-56

11/3つまりEp21-61は親友のバンドの7月から始まったレコ発ツアーの最終日である。

俺はそこで展示をさせて貰える。

物凄く悩んだ。

学校のテスト勉強よりも手がつかなかった。

というのも良い作品を思いついても次々とより良い作品が浮かぶ。

良い作品というのは深い、中身のあるという尺度だ。

決してクオリティや規模、大きさお金ではない。

しかし、思えば思うほどデカい夢が浮かぶ。

それを一度知ってしまったが故に

先に計画した作品は使えなくなってしまう。

これは何年も前からの繰り返しだ。

これは俺が宿題を出せないとか勉強できないとか大事なことを後回しにする癖の根底にある考え方だ。

危ないのは分かってる。

考えるだけ考えて何も実行出来ずに終わる。そんなシュチュエーションは脳みその中で幾度となく見てきた。

だから、賞味期限のない作品と、体験としての芸術、そして即興のライブアートに逃げるしかないのだ。

これは逃げではない。

これだけ考えた思考の蓄積をありのままに出すことは俺の自己満足ではない。

何故なら伝えたい。

痛いほど伝えたい。

そんな気持ちで考えているから。

そう。

その場で出すものと20年間の言葉の蓄積。

これは痛みを伴う俺の聖戦、因果応報、Karmaなんだ。

だから自己満足でも良いんだ。

どんな作品を作るよりも意味がある。

即興というのはそういうものかもしれない。

こうやって遠回りしながら泥臭く頭の中の宇宙を証明したいんだ。

ぜひ未完成の俺を楽しんで欲しい。

これがアイルより根源的な

CRYSTAL CLEAR 

DAY IN THE ART 

DIE THIS WAYの価値観だよ。

だから何かを理解しようと努力してみて欲しい。しなくてもいい。

何よりも笑顔で今日も生きて行こう。

死ぬまでよろしくな。

Driving process 

Episode21-51

夜が明けて

1日を過ごし

風呂を上がり鏡の前で

もう一度自分にとって芸術とは何か問うたとき

電撃が走る。

芸術によって時間を感じて欲しい。

芸術によって己を感じて欲しい。

つまり芸術を通して体験して欲しいと感じた。

ART ART ART

Episode21-51

芸術への理解をより深めて

正しく体現していかなくてはならないとつくづく感じている。

文法はどうでもいいのだが、俺は芸術をこう考える。

ART IS LIKE A DRIVING PROCESS OF YOUR LIFE.

IT’S INVOLVES PAIN AND REPEATED OVER AND OVER.

芸術とは自分の人生を先に進めるためのプロセスの連鎖のようなものであり、痛みを伴うものだ。

これは今日の午前中までの考えで、今はまた違う理解をしている。

おやすみ

Coin toss 

Episode21-49

出たのは裏

ある程度自分の個性を抑える選択だ。

自分が一番馬鹿にしていた選択。

けどそうでもしない限り計画が壮大過ぎて何事にも踏み出せないのが俺だ。

正しいプロセス踏みたくないのが俺だった。

ここから俺は覚醒する。(i’ll)

自分にとって新しい境地を探す。

社会にとって新しい暖かさと反逆性の境地を探す。

自分の居場所は自分で作る。

それを軸にして有機的に戦う。

足枷がはずれた。

BAD

Episode21-50

友達からのメッセージをきっかけに父に話し合いを持ちかけた。

そこに居たのは今まで知らない父だった。

訂正箇所に線を引いたのでタイトルをクリックしてから読んで欲しい。

Episode21-49

相対的絶対値で0からのスタート。

クソ悔しい。

胸が張り裂けそうだ。

俺の言葉に裏はない。

.

父が言葉を放つ。

能力をつけろ。

バイトはするな。

仕事を受けるな。

能力をつけろ。

高い学費の元を取れ。

普通の大学生になるな。

能力をつけろ。

就職をしろ。

大学生活を謳歌するな。

.

父の言葉は俺の頭に45口径のリボルバーを打ち込んだかの様に刺さる。

血が辺りを染め、顎の骨格くらいしか残らないくらいに脳みそを支配する。

グロい表現とか好きではないが、こうとしか表せない。

.

スケボーをするな。

カフェに行くな。

テニスをしろ。

海外へ行け。

就職はするな。

歯車になるなら能力は付けなくていい。

自立は自営だ。

貪欲さが足りない。

大学生を謳歌するな。

.

ろくに話したことがない。

優しく声をかけられたことなんてない。

あるのは自分勝手な理想像だけで、

俺は昔から彼の気まぐれでブレブレで一方的な冷たい言葉に翻弄されてきた。

言い返すことが出来ない。

ある種成功を収めた人であり説得力としては100

俺は未熟だし所詮、平和な夢見るただのガキ。

聞く耳を持たない父と冷静に話したところで交わらない。

結果は家系からの排除。その一択。

前例があるからわかってるんだ。

元々どちらも器の大きい人間ではないのかもしれない。

色々な経験をさせて貰ったのは事実。

麻痺して当たり前の様に感じてしまう節もあるし

家じゃだらし無いのも事実。

しかし、彼には愛が一欠片もないのだ。

愛情の裏返しなんて言葉がある。

もし僕の父の言葉がそうだったらどんなに救われたことか。

まるで血の繋がっていない様に冷たい。

家は決して裕福ではないが貧乏とは程遠い。

なのに父はわざと貧乏を装う。

彼の言葉には全て裏がある。

それが癪に触るのだ。

ナチュラルじゃないんだ。バレバレの

何一つ親として信頼できるところはない。

だから!

だから、俺は金が絡む全ての行動が怖いんだ。

この家にいればあいつの脛をかじらされる。

いっそ抜け出した方が上手く行く。

こんな背景があって

俺は俺として育った。

金が嫌いなのも

皮肉が大嫌いなのも

嘘がつけないのも

期待を裏切りたくなくて無理をしてでも人にとことん尽くすのも

クソエゴイストな部分があるのも

表裏一体な人格を築こうとするのも

暖かいものが大好きなのも

世界一のパパになりたいのも

クソくらえ。全部あいつのせいだ。

ここに書いたって何にもならない。

面と向かって言ってしまいたいよ俺だって。

けど金を出して貰って散々迷惑掛けていい思いさせて貰って、美味い飯食っておいて

言える訳ねえんだよ。

為にならないから大学を辞めたいですとは。

少なくとも俺には。

許してくれ。

こんなことネットに公開して、

非難されるかもしれない。

誰かを不快にさせるかもしれない。

けど!

どうしても

この痛みに耐えられるほどの経験や能力、器の大きさをまだ身につけられていない!

痛い。痛いよ。

愛して欲しい。

そして、素直にこう思う。

清い人間と言うだけで生きては行けないのか。

動物界なら弱肉強食。喰ってやるよ。

けど!

人間は暖かいものを知っているはず!

なのにこの社会では正義すらも歪む。

生き残る為に大切なものを売ってしまう!

その行為こそが!

社会をより良くしていこうと言う数少ない人たちを飲み込む。

なんて、なんて冷たい世界だ。社会だ。

ふざけやがって。

俺はここにいるのに!

1人じゃ何もできないことなんて知ってる。

ネットの匿名性だとか、グレーなビジネスだとか格差だとか

ふざけんな

みんな愛し合ってくれよ。

助け合って生きていこうよ。

誰も騙さなくていい人になってよ。

大小様々幸せなんて人それぞれ。でも!

せめてみんなが笑って明日を迎えられる国にしようよ!

この想いは痛み。

俺の負の過去の代償。
この考えこそが自己中心的。お節介?

けどわかってる。俺と普通の人間の差

他の人の為にできるか、できないか。

社会は残酷だって。

それすらも飲み込める芸術を。

そうだ自信を持っていい。
そこで座って見てるだけなら俺に力を貸してくれ。

Self dis 

Episode21-48

たまには自分のこと嫌いでもいい。

.

お前に価値はねえ。

何を粋がってやってんだか知らねえが

なんも伝わってこねえわ

カッコつけてばっか

ふざけやがって。人生はお遊びじゃない。

怖気付いてるなら死んじまえ。

てめえみたいに中途半端な奴しかいねえから

世界はいつまでだっても良くならねえ。

怖いんだろ、

怖いんだよな?

世界を変えるのが。

何よりも自分が変わるのが。

良くわかるぜ。起伏の激しい人生歩んで、惜しまれて死にてえ気持ちもわかる。

誰にも知られないまま惜しまれもせず死にてえのもわかる。

この社会はクソったれ。

お前はそれ以上にクソったれだよな。

人の目が気になるうちはまだ早えし

なんも出来てねえ証拠。

金もわかんねえ

人もわかんねえ

芸術もわかんねえ

自分もわかんねえ。

そんな奴に何ができる?

ファッキンクリーチャー

死ぬまでくすぶってろ。

.

認められてえなら認められる自分になれよ。

暖かいものしかとか言う前に

てめえが一番暖かくなれよ。

周りを気にし過ぎだバカ。

くだらねえしがらみに巻き込まれたくないとか言って

しがらみばっかじゃねえか。

嘘だけはつかない事だけは評価してやる。

次のレベル

何も隠さないでいいレベルまで成長しろ。

あー、もー。人生なんて。

才能を誰にも気づかれないまま

終わりてえ。

みんなが正解

俺が不正解。

じゃあな。