About my Art

Episode21-56 11/3つまりEp21-61は親友のバンドの7月から始まったレコ発ツアーの最終日である。 俺はそこで展示をさせて貰える。 物凄く悩んだ。 学校のテスト勉強よりも手がつかなかった。 というのも良い作品を思いついても次々とより良い作品が浮かぶ。 良い作品というのは深い、中身のあるという尺度だ。 決してクオリティや規模、大きさお金ではない。 しかし、思えば思うほどデカい夢が浮かぶ。 それを一度知ってしまったが故に 先に計画した作品は使えなくなってしまう。 これは何年も前からの繰り返しだ。 これは俺が宿題を出せないとか勉強できないとか大事なことを後回しにする癖の根底にある考え方だ。 危ないのは分かってる。 考えるだけ考えて何も実行出来ずに終わる。そんなシュチュエーションは脳みその中で幾度となく見てきた。 だから、賞味期限のない作品と、体験としての芸術、そして即興のライブアートに逃げるしかないのだ。 これは逃げではない。 これだけ考えた思考の蓄積をありのままに出すことは俺の自己満足ではない。 何故なら伝えたい。 痛いほど伝えたい。 そんな気持ちで考えているから。 そう。 その場で出すものと20年間の言葉の蓄積。 これは痛みを伴う俺の聖戦、因果応報、Karmaなんだ。 だから自己満足でも良いんだ。 どんな作品を作るよりも意味がある。 即興というのはそういうものかもしれない。 こうやって遠回りしながら泥臭く頭の中の宇宙を証明したいんだ。 ぜひ未完成の俺を楽しんで欲しい。 これがアイルより根源的な CRYSTAL CLEAR  DAY IN THE ART  DIE THIS WAYの価値観だよ。 だから何かを理解しようと努力してみて欲しい。しなくてもいい。 何よりも笑顔で今日も生きて行こう。 死ぬまでよろしくな。

Read more "About my Art"

ART ART ART

Episode21-51 芸術への理解をより深めて 正しく体現していかなくてはならないとつくづく感じている。 文法はどうでもいいのだが、俺は芸術をこう考える。 ART IS LIKE A DRIVING PROCESS OF YOUR LIFE. IT’S INVOLVES PAIN AND REPEATED OVER AND OVER. 芸術とは自分の人生を先に進めるためのプロセスの連鎖のようなものであり、痛みを伴うものだ。 これは今日の午前中までの考えで、今はまた違う理解をしている。 おやすみ

Read more "ART ART ART"

Coin toss 

Episode21-49 出たのは裏 ある程度自分の個性を抑える選択だ。 自分が一番馬鹿にしていた選択。 けどそうでもしない限り計画が壮大過ぎて何事にも踏み出せないのが俺だ。 正しいプロセス踏みたくないのが俺だった。 ここから俺は覚醒する。(i’ll) 自分にとって新しい境地を探す。 社会にとって新しい暖かさと反逆性の境地を探す。 自分の居場所は自分で作る。 それを軸にして有機的に戦う。 足枷がはずれた。

Read more "Coin toss "

BAD

Episode21-50 友達からのメッセージをきっかけに父に話し合いを持ちかけた。 そこに居たのは今まで知らない父だった。 訂正箇所に線を引いたのでタイトルをクリックしてから読んで欲しい。 Episode21-49 相対的絶対値で0からのスタート。 クソ悔しい。 胸が張り裂けそうだ。 俺の言葉に裏はない。 . 父が言葉を放つ。 能力をつけろ。 バイトはするな。 仕事を受けるな。 能力をつけろ。 高い学費の元を取れ。 普通の大学生になるな。 能力をつけろ。 就職をしろ。 大学生活を謳歌するな。 . 父の言葉は俺の頭に45口径のリボルバーを打ち込んだかの様に刺さる。 血が辺りを染め、顎の骨格くらいしか残らないくらいに脳みそを支配する。 グロい表現とか好きではないが、こうとしか表せない。 . スケボーをするな。 カフェに行くな。 テニスをしろ。 海外へ行け。 就職はするな。 歯車になるなら能力は付けなくていい。 自立は自営だ。 貪欲さが足りない。 大学生を謳歌するな。 . ろくに話したことがない。 優しく声をかけられたことなんてない。 あるのは自分勝手な理想像だけで、 俺は昔から彼の気まぐれでブレブレで一方的な冷たい言葉に翻弄されてきた。 言い返すことが出来ない。 ある種成功を収めた人であり説得力としては100 俺は未熟だし所詮、平和な夢見るただのガキ。 聞く耳を持たない父と冷静に話したところで交わらない。 結果は家系からの排除。その一択。 前例があるからわかってるんだ。 元々どちらも器の大きい人間ではないのかもしれない。 色々な経験をさせて貰ったのは事実。 麻痺して当たり前の様に感じてしまう節もあるし 家じゃだらし無いのも事実。 しかし、彼には愛が一欠片もないのだ。 愛情の裏返しなんて言葉がある。 もし僕の父の言葉がそうだったらどんなに救われたことか。 まるで血の繋がっていない様に冷たい。 家は決して裕福ではないが貧乏とは程遠い。 なのに父はわざと貧乏を装う。 […]

Read more "BAD"

Self dis 

Episode21-48 たまには自分のこと嫌いでもいい。 . お前に価値はねえ。 何を粋がってやってんだか知らねえが なんも伝わってこねえわ カッコつけてばっか ふざけやがって。人生はお遊びじゃない。 怖気付いてるなら死んじまえ。 てめえみたいに中途半端な奴しかいねえから 世界はいつまでだっても良くならねえ。 怖いんだろ、 怖いんだよな? 世界を変えるのが。 何よりも自分が変わるのが。 良くわかるぜ。起伏の激しい人生歩んで、惜しまれて死にてえ気持ちもわかる。 誰にも知られないまま惜しまれもせず死にてえのもわかる。 この社会はクソったれ。 お前はそれ以上にクソったれだよな。 人の目が気になるうちはまだ早えし なんも出来てねえ証拠。 金もわかんねえ 人もわかんねえ 芸術もわかんねえ 自分もわかんねえ。 そんな奴に何ができる? ファッキンクリーチャー 死ぬまでくすぶってろ。 . 認められてえなら認められる自分になれよ。 暖かいものしかとか言う前に てめえが一番暖かくなれよ。 周りを気にし過ぎだバカ。 くだらねえしがらみに巻き込まれたくないとか言って しがらみばっかじゃねえか。 嘘だけはつかない事だけは評価してやる。 次のレベル 何も隠さないでいいレベルまで成長しろ。 あー、もー。人生なんて。 才能を誰にも気づかれないまま 終わりてえ。 みんなが正解 俺が不正解。 じゃあな。

Read more "Self dis "

G time G

Episode21-47 昨日今日と撮影日だった。 半年前から深い付き合いをしているバンド Black BlankのPV撮影だ。 曲のタイトルはTonight 俺らは微妙なバランスの上に立って 何かを生み出している。 忘れちゃダメだ。 今この時間のこの感情。 俺の目的は金じゃない。 わかってる人にはうるさく聞こえるだろうけど、 根底にある一番大切なものだから何回も言う。 お金は大事だよ。 だから最大のドラッグ。 まあいいや。 . 俺はとにかくリーダーになりたい。 物事の中心でいたい。 聞く耳を持ってるし 心が清いから。 ただそれだけ。 俺と平等に戦える人とのみ組みたい。 本物の信頼しかいらない。 この簡単な事を履き違えるなら 死んでやる。 クソエゴイストに見えるかもしれない清い心も。でも突き通す。 それが生きる意味だから。 間違ってることは治す。 当たり前。 前向いて前進 ゴールはねえ。 . 俺はきっと遅咲きだ。 大人の社会にはうざったい人間だと思う。 メディアやマスコミには踊らされない。 粋がって声あげるタイプでもない。 I say fuck the Marketing  I say fuck the Branding  暖かいものだけ。

Read more "G time G"

Over and over…

Episode 21-45 人と話すことで広がる思考の輪 未来の可能性。 人との出会いは簡単に人生を変える。 半年前は人間的な天井が見える気がしていた。 そんなことは全く無くて、いかに自分の器が小さかったかを知る。 それがまた大事。 またこの時を思い返して笑う日が来ることも知っている。 これは宇宙だ。 精神的物質世界って言うのかな。 全てを飲み込んで その上に立ちたい。 暖かく。 どこまでも暖かい。 俺はやっぱり言葉では表現できない感情「体現したい。

Read more "Over and over…"

How we do

Episode21-45 相対的絶対値 こんなワードが出てきた。 おそらく学問的には間違っているから造語だ。 オリジナルかな? ふと思ったんだ 世の中の出来事の見方って 相対的絶対値であるべきだって。 結果や外見よりも前にその内容。 それがわかった上で最終的には結果や外見。 その上でプロセス。 今はいいやこのくらいで。 また今度紐解く。 凄く眠い。

Read more "How we do"

See-through

Episode21-41 見えないものが見たい。 だから見えないものを表現したい。 見えてしまったら意味がないから 心の中にしまってくれ。 . あの時見えた扉でさえも 金が絡めば閉まってくね。 くねった道を駆け抜ける僕らは 君なら気付くと信じてるぜ。 . ほどけた靴紐結びなおして 走り出したって遅れはしない。 骨壺狭くても良い日だったねと 笑えるように進んでいたい。 . 今日も三本の針が 思い思いに攻めて周る右コーナー 限りある時間で命燃やして 仲間と囲む火最高だ。

Read more "See-through"

ROUGH EDGES 

Episode 21-36 またさ、言葉にならない日を過ごせたよ。 豊かな人生を送るには よく泣いてよく笑うことって思うんだ。 でもこれって悔しいことに言葉から受ける印象の 99倍難しい。というか ひとりでできる域を超えてるから 難しいとかそういう問題じゃない。 それこそシーンだ。 それは二度と来ない時間と掛け替えのない人と人の上にのみ成り立つもの。 俺はまた、ひとつのシーンに身を置けた 劇団「おやすみ深呼吸」 誇りを持って素晴らしかったと言える。 組織や文化、シーンは生き物。有機体だ。 誰かに何かを伝えようと、感じて貰おうと、心を動かそうと沢山の人の想いが積み重なり カタチになるのが演劇 忙しくて稽古場には1日 本番の2日間しかいれなかった。 それでも。俺でも 全てが終わると涙が出るんだ。 人生は誰かにとっては当たり前で 誰かにとっては特別な瞬間にあふれてる。 俺にとっては10/8は特別だった。 そして稽古場に行けない期間も俺は俺で 苦しみ悶えながら何かを探して、 ジリジリと前進してた。 赤松真治や大西一希、永井佑典や彼らと過ごす時間は 人生を歩んでいると実感できる大切な時間。 そう言えるのは、 それぞれが今までやってきたことに嘘がないから。 正解不正解じゃなく、正しいから。 俺も、きっと正しい。 報われなくたってきっと俺はやるしかない。 誰よりも泥臭くてかっこ悪くてもしょうがない。 1人じゃ何も出来ないことだって気付いてる。 演じることへの価値観が変わった。 肩書きとしてだけの演者ではなく、 人生を演じる人として全うする”ひと”を知れたから。 そういう意味で俺は演じない演者なんだとも解釈できる。 俺はこの頃ひどく演劇やバンドに妬いている。 人とひとの関わり合いって凄く楽しいよ。 ビジネスとかじゃなくね。 本気で悩んで血出しながら創り上げるものに価値が無い訳がない。きまって素晴らしい。 もっと多くの人に見て欲しいし、発信して広めたいと思う。 でもさやっぱり自分の組織持ちたいって思うんだよね。自分の性格理解した上でさ。 自分の卒業も危ういのに、そういうシーンに命を燃やしたくなるんだよね。けどこれも間違っていないはず。 てめえはいつになったら夢から覚めんだよ。 覚める気ねえけど。 合理的で洗練された、中身のある美しさを追い求めているけど、それ以上に 人間臭くて、馬鹿げていて、くだらない、信念の塊のように燃える感情を何よりも大切にしたい。 この2つは矛盾しない。 そして共存すべき要素だ。 それが分かった上で選ぶ物だとか個性だとかそういう話。 わかってる。焦ってる。 […]

Read more "ROUGH EDGES "