Flow

Episode21-218 僕は芸術において 感覚のアート 技術のアート 暗示のアート とジャンルわけではなく ある程度、違う目的を持ったものとして考えている。 芸術に関わる上で必要なのは、受け入れる力、自分なりに考える力、それを表現する力 さっと思いつくのはこんなところ。 そもそも芸術に定義なんて要らないし、してはいけないのかもしれないけど 間違った解釈をするのだけはいけ好かないし、勿体ない。 本当は、まだ、強い負の感情を持っている。 ふざけんな。芸術はこんなんじゃないって。 でも受け入れることが第一歩だし、確信を捉えられるような経験もまだまだ足りないはず。 芸術は例えるなら波だ。 一元的には理解できない。 境がない為に名前をつけて区別することも違うのかもしれないが、正しく理解されていなければ次のウェーブでの解放に移れないはずだ。 とは言え、俺は芸術なんて都合が良すぎるとも思う。デザイン的であると言ってもいい。 もっと素晴らしく美しい状態や現象、瞬間は 日常的に感じれるはずなんだ。無理して形にして価値を押し出さずとも。 しかもズレの根源は400年ほど遡る必要がありそうだ。 価値や意味は 生まれるものか、見出すものか、創るものか。 それ自体が暗示、感覚、技術のアートそれぞれに帰属するとも言える。 ただ自分は偶然であり必然的なアートを作りたいと思うし、芸術なんてもっとありふれた身近な物だって示したい。 だって。

Read more "Flow"

Beauty//

Episode21-216 すーっと ぶわっと 世界が広がる感覚は とても心地の良いものだ。 いつもと変わらない何気ない日常に 変化を見出し、また自ら変えていく。 理想はたぶん僕のじゃない。 想像はすべて僕のものだから。 イマジネーションかな。 日本語は細かい分、物事を決めつけすぎるのかもしれない。 英語は適当な部分もあるけど、含みのある、想像を残した伝え方が出来るから好きなのかも。 受け取るときに考えて欲しいんだよね。 それは何にしても。写真でも絵でも言葉でも。 そうしなきゃ芸術は成り立たない。 気がしている。 伝える。それに特化しすぎたらデザインだけど、 薄い芸術も確かに存在する。 深ければいいってもんじゃないから、表現するのって凄く難しいのだけれど、 着の身着のままにやらなきゃそれは自分じゃない。 だから、まだ俺は俺でいられるのかも。 わかってんだよ? でもわかっちゃったらつまんないし、 まだ見えてないものもあるはずだから、 ただ生きる。 それ自体美しいことなんだけど、 それじゃ足りないから俺はたくさん想像したいんだ。 世界は創っちゃダメだよ 世界は変えるもの。 Don’t make light of it. All for Smile.

Read more "Beauty//"

Dope

Episode21-215 潜る 深く 深く 潜る 思考の中にバランスを見つけ 心地良さと力強さの中に水をかく 我々は気付くという重要なプロセスを踏まなければ 成長することはなく、 新しい物も作れない。 ふと顔をあげる。 そこには歪んだ時空が存在するだろ? 俺がこうして脳の中に潜る間にも時間は縮んでいる。 はじめてこの世に生まれたかのように辺りを見渡す。 反射の中に自分の殻を知る。 自分の生きる世界を気付く。 また潜って内面を知る。 どこまでいけるか。 息継ぎでみんなを見る。 感謝を自然と覚える。 それがいい。 頭の中にしかない物が一番価値のあるものだから。 だから、カタチに、実現させなきゃ意味が無いんだ。 これはあらゆる欲望とは充分に離れた個人的な挑戦。 いつか世界が答えてくれる時がくる。 世界を吸って吐け。 俺はドラックはやらない。 火から 水から 君から 宇宙を見通す。 調子が良ければね? 感覚だけじゃダメだよ。 自己満足は。俺は。 All for Smile.

Read more "Dope"

Kids

Episode21-212 子供の自由な発想に価値を感じるのは自然なことだよね? 中高生のやんちゃを見て、青春だなぁーってよく聞くよね。 ストリートでスケボーしてて俺も若い頃に戻りたいって酔ったサラリーマンに絡まれたり。 そんなん俺は嫌だよ。 パターンが見えてる。 誰かと同じ人生を生きるつもりはない。 誰かが決めた価値基準なんて。 それよりも毎日違う経験をして 自分が見て触れて感じて価値を見出したものを愛していたい。大切にしたい。 当たり前じゃん。 でもどうやら世界にはそうじゃない人もいるらしい。 俺はただ楽しんでいたい。 いや、楽しくてしょうがない。 その分、余裕のない人たちにも分けてあげたい。それが責任だし。 よっぽど真っ当な人生だと思う。 自分のことばっか考えてて、単純に凄い奴なんて沢山いる。 騙されちゃダメだ。 一緒に頑張ろうよ。 頑張るから。 嫌いな物がどんどん減っていく。

Read more "Kids"

Singularity

Episode21-211 何が不幸で 何が幸せで 何が普通か。 文明とはとても謎めいた生物だ。 俺らはその細胞みたいなもの。 出来ることは少ないものの 皆それぞれの役割を求めて生きているが 結局はその生物が生きる為のシステムに組み込まれ、生かされていることに過ぎないのかもしれない。 そんなつもりが無くても、互いのためを想って行動したことが その文明の発展という欲望に貢献し、 間接的かつ直接的に他者を追いやる結果となる。 細胞同士で争いあうこともあるのだから、悲惨かつ惨めである。 自分自身が 一人称、血脈の細胞の一つであり、 国の細胞の一つであり、 地球の細胞の一つである。 天の川銀河に位置する地球という一つの細胞である。 そしてマルチバースの中の僕たちの宇宙という一つの細胞かもしれない。 つい最近、写真を撮りながら自転車を片手で運転し、坂を下っていた。 被写体に夢中で、回避行動はしたものの頭を強打して血を流した。 その時、僕の頭の中の細胞の一部が死んだかもしれない。 小学生の頃の迷信によれば、頭を叩かれると細胞は一億個死ぬそうだ。 誰かの命が途絶えた。 しかし、自分はそれを認識する事すら出来ない。 自然界のルールに似ている。生まれて死ぬ。 死んだら体は分子に分解され、何らかの姿かたちでこの世界に生まれ変わる。 我ら星の子と言うように、宇宙誕生初期に消滅した天体の物質で僕たちの身体は出来ている。 そのルール、ループ、無秩序の秩序から 抜け出そうと奔走する生物。資本主義社会。 安心など実在しないこの世界に抗い、 目先の安心感を得ようと協力し、麻痺して 争う。 僕たちはガン細胞だ。 もう止めることは出来ないのだろうか。 僕たち人類が滅びても、地球は生き続ける。 天の川銀河に於いては認識すらしないだろう。 こんなど田舎に生まれた奇跡の楽園が人類によって壊されようとも。 違いを受け入れよう。 俺はただ信じたい。

Read more "Singularity"

Slip//

Episode21-209 涙を流すほど 弱くて辛い時もあった 涙を咬み殺すほど 癒えない夜も越えてきた その一瞬 その一歩を 踏み外せば負けられる。 その瞬間 既に足の踏み場が 崩れ始めるのを感じてる それは世界が崩れ堕ちるのを見たのか 自分があの闇に堕ちるのを見たか その長い、長い瞬間に 自分に負けを認めるか否か。 奇妙なことに、その斜面には 摩擦力すら働かないことを知る。 僕の選択は他の誰とも関係のないことだと知る。 落ちたのその先を考える。 うん悪くない。 悪く無いよ。 ただ。 孤独だ。 みんな居る。けど誰もいない。 愛されたいよ。 安心なんていらないけど 心配なんてしてないけど 今を信頼して欲しい。 その先を想像して欲しい。 俺は狙い澄ましたサイコじゃない。 ただバカで単純にファイトしたい。 俺の限られた時間で その時間を最大限使って。 一緒に世界平和を実現したい人がいたら いつでも言ってくれ。 このエピソードは無限。

Read more "Slip//"

Out of stock

Episode21-209 疑問を抱く。 大切なことだと思う。 自分自身が違和感を感じていた言葉が、 思考に晒されていくと感じる 気付くことがある。 俺の進むべき道はどこかを。 そもそも意味や価値は見出すもの。 今気付かなくてもいつか気付いている。 そう自分を信頼しているから、発言を恐れない。 今の俺には生活が足りない。 それが必要水準になるまで、もう少しかかるけど 大きな変化が待っているのがわかる。 大丈夫。心配いらない。

Read more "Out of stock"