Episode21-295

生きている意識はそのまま残せない。

しかし、考えたことやあいつと話したことはこの世界の意識に残る。

いや待て、新しいテーマだな。

恐らくそれが真理には近いのかもしれないが、

十分に世界を知れていない状態で

全てを大きな一つとして捉えるのには早すぎるんじゃないか?

その全ての中の自分は特別でもあり普遍でもある。

わからない。全体をひとつとして捉えた瞬間、他者との境界は一瞬にして消え去る。

いや、でもそう。合ってるのかも知れないけど、

自己と他者の境界を失う危険性もあるし、

一つというのは宗教の例に観るlvように神格化や思い込みが激化する元だ。

その一人ひとりを圧倒的な他者として捉え、同じ世界を使って生きていると解釈するのが正しいと思うのだが、

この場合の世界とはなんだ?

結局世界は一つではないか。

そのままの法則を適応させるには、別の世界の存在が必要である。

(あ。比例でも反比例でもないバランスだ、見つけた。この法則は少し寝かせるとして)

別の世界の存在を認めるということは、私たちの住んでいる世界と他とを区別することができる。

そして永遠に続くスケールの中に身を置く。

私たちの地球

私たちの天の川銀河

私たちの宇宙

私たちの、、、

むしろこちらの方が自然だ。

これが限りなく無限に近い数、広がる。

ひとつと捉えるのは人間が無知だからではないか?

無論、人ひとりが生涯で目撃できる事象を考えれば世界はひとつであると定義した方が早い。

この世界がひとつであったとしても複数であったとしても、むしろ僕が気になるのは

事象はどこに行くのかである。

ビックバン、スーパーノバ、俺が死ぬこと。

文明的に功績と言われるものから今日の朝ごはん。

火山の噴火から打ち寄せる波まで。

瞬間的にそして連続的に今は過去になり未来は今になる。

人間の尺度や感情、記憶、記録を抜きにしたとき

事象はただ起こるだけなのか、はたまた物理的に影響を残すのみなのか。

そのどちらでもあると思うのだが、

事象は世界に記憶されるのか。

記憶されるとしたらそれはどこに保管され、どんな媒体なのか。それは見えない何かなのか、質量のあるものなのか、魂なのか。

物質もそれを有し、相互に影響し合う関係にあるのか。

無いのなら、夜空を飾る綺麗な天体と僕ら一人ひとりは等価である。

ただ同じ3次元世界を使って生きているのみ。

生きているかどうかも怪しい。漂っているだけと言うべきか。

価値の差が無いと言うことは平等に特別であり同時に意味のない記号の羅列の様に価値のないものだ。

さらに言えば過去現在未来という区別すら捨てなければならず物事に因果関係が無いものとして捉えるのが筋だ。

けどそうじゃない。水素原子に一定の周期が刻まれているのと同じように歪んでいようがいまいが時は刻まれている。数えているのは人間なんだけど。

ひとつをひっくり返せば、平等に全てひっくりかえるのだ。白黒のオセロなんかじゃないんだけど、法則というのはそういうものだ。

僕は全ての存在には過去に基づく背景があって、個性があって、それぞれがコミニュケーションを取って影響しあって生きていると言う。

誰とも口を利かずとも、触れずとも、常に影響しあっているはずだ。だって!我ら星の子!

宇宙誕生初期の星が爆発して出来た原子が僕たちの身体の一部を担っているそう。

なおさら物質とも影響し合ってたっていいじゃんか。

家が安心なのもコミュニケーションの賜物じゃん。

数日前に多次元世界が想像次元であることを考えた。未だにその仮定は揺るがない。

氷山とも氷河期とも対話できる。

いいじゃんか。スーパーノバ観に行ったって。

銀河鉄道さ。

情報は旅への切符。

何億年もの時を超える。

僕は情報が不思議でたまらない。

何次元でも存在出来るんじゃないかな。

それは物理定数なんかよりもっと普遍的で

特別な何かだと思う。

意識を司る何か。

神経信号は光速。

人間の脳内での認識スピードに限りはあるけど、

情報それ自体はもっと早い。

シナプスのようだ。

脳内に神経細胞は平均860億あるそう。

この世界それ自体も互いに影響し合いながら新たな歴史を作っているのでは。

しかも過去現在未来を複雑に織りなす情報、このシナプスは多次元かつ高いレベルで情報伝達が成されている。

僕たちの関係性は切っても切れないものだ。

We’re all connected

そんな中で僕らは世界とどんな関係を築いて何を残すか。

間接的、直接的

物理的、精神的

言葉で残す、行動で残す。

それは競い合いなんかじゃなくて、

それこそさ捉え方なんて自由なんだけど

何を発し、何を受け取るか。

僕はその儚くも力強い情報

つまり魂にこだわりたい。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s