Episode21-331

人格の画一化は大問題だよね?

電車で周りを見渡して寒気がした。

名もなき民衆が多過ぎる。

日本の経済は名もなき民衆の画一化に頼っている。

みんなに同じ方向を向かせないと儲からない、ネガティブなスパイラルシステム。

それらから抜け出そうと、個性を持って戦う人々は勇敢で崇高ではあるが、

本来それがあるべき姿だとも思う。

そして戦うべきものでもない。

じゃなきゃ格差など開くばかりだ。

普通に働いて暮らせる社会を作るには、

働き方を変えることもそうだが、

一人ひとりが生き方を見直す必要がある。

悲しいことに現状どちらも希薄である。

生きるべくして生きるのに、尖っていなければいけないなんてレベルの低い世界だ。

心が荒んでいるが故に世界は荒んでいる。

これは世界共通、全ての意志は直接的に影響する。

芸術についても同じである。

尖った心でなければ生き残れないなら、

それはそのひと本来の作品ではない。

それは生きているのではなく環境に生かされているのみである。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s