Ep22-126

二面性ってほど整ってない。

無秩序の秩序

これが美しいのは確かだが

如何にも簡単すぎる構造式

未熟な表現に過ぎない。

しかし表現として二面性が好都合なことは多い。

知ったらもう二度と戻れない。

アンビバレンスはそんなに単純じゃないから。

次はもっと上品なアンビバレンスまたは

ニュートラの試作を見舞ってやる。

ちゃんと理解してやるよ。

絶対に逃げない。

この先の先はブラックホールみたいなんだろうな。

破綻しながらも成立してやがる。

ひずみが俺を飲み込もうとしてる。

通ってやるよ。

如何にも何か見れそうだからな。

俺はそれを信じてる。

ひずむ。

無への回帰かそれとも。

半年前の自分へ。

可能性が一番の価値だなんて

それは精神世界に偏った考えだよ。

価値は対外的なもので、精神サイドだけに置いちゃダメだよ。

それらが交差するのは常に中間地点でなくては。

だけど通るべき道だったんだ。

その点ありがとう。

その時点では近くに感じた永遠は

虚像ではないが錯覚に近い。

この次元では永遠はしっかりと遠くに見えるし

お前の未熟さもはっきりと見て取れる。

永遠は近くて遠い。

また未熟な表現してるけど

それもそうだな。

信じることも大事さ。

次にやることはわかってるね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s