Ep22-132

形が持つ流れは

つまり心で感じる認識と同じはずだ。

人は目で形を認識すると同時に

脳で、心でそれを認識、処理する。

それは遜色なく現実として現れているものなのだが

いわゆるそのものとは違うはずだ。

生物によって見え方が違うように、

自分が見ているそれは不確かなものだ。

触れたところでその形のごく一部しか触れられていない。

この世界は単一であると同時に複数の世界が並行して進んでいる。

これはセッションのごく一部であり

新しい断片でもある。

しかし何度も述べるように思考はこの遥か彼方にあり、現実として表せる密度はそう深くない。

しかし、手段を変えるなどして、思考と表現のバランスを取らなければいけないのが人間のありようである。

並行も含めた世界とのコミュニケーション。

今はそれに尽きる。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s