Ep22-201

絶対に忘れない

絶対になんてないけど

それよりも未来を作ってくんだ。

誰もが俺の首を狙ってる

頭突き抜けたそれらの粒子が

どこかで君に触れた

どんな存在よりも輝いていて

どの角度からも意識を溶かし

通り抜けては出て

幾重にも重なる君は

一体何だったのだろう。

あれほど美しいものを始めて見た僕は

その形に再び触れようと

どれだけ頑張っても

思い出せないのだ。

だからこそ

その事実だけは何よりも美しく残り

それだけが僕を永遠に覚えている。

また会おう

新しい姿で

僕らは形のない存在だから。

頭に落ちた稲妻の

イメージはイメージに過ぎないのだ

いつか報われる日がきっと来る。

残響の中で

背後から己の脊髄を狙う。

その所在もこの頭の中

俺はそいつに立たされているに過ぎない。

こうして作られた状況が

逆説的に襲って来る。

今までとは違う。

自覚を伴ってその細部の構造まで

はっきりと感じ取れる速さで

俺が築いてきた克服の数々を

克服しようと忍び寄る。

その背後から俺が。

絶対にお前の記憶もろとも引き剥がして

もう一度自分のものにしてやる

俺は俺の設計図。

失えない。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s