Process

Ep22-196 意図せず何故こんなに辛いんだ? 救われなければならない状況まで追い込んだ俺は 意図して何故こんなに辛いんだ。 生きること自体挑戦なのに、 そう思っていたら生きれないだろ? 俺は自分を追い込んで生きてる。 自分を守るためにその痛みを内に殺す。 痛みの 合わせ鏡の中で。 – 俺はただの鏡。 1枚の鏡 置かれている状況を 映し出す鏡。 だってそうだろ? 自分はこの世に存在しないのだから。 感じるはずの痛みも喜びも 一瞬にして忘れてしまうのだから。 忘れるのではない。 はっきりといや、 細部まで全て覚えている。 なのにそれを思い出す事ができないのだ。 その記憶に触れる手段が断たれているのだ。 落ちる1枚の花びらが映り なるほどきっとこの花は 美しいのだろう。 この目にそれを美しく写す。 しかしその本当の美しさを 僕は 決して知ることはないのだ。 – まるで毎日死んでいる様だ。 生きたいのに 生きていたいのに 毎朝起きて置かれている状況に 自分が世界に置いてきた片鱗を見て なるほど。俺はこういう状況なのか。 それを受け入れる理由がどこにも無いのに。 受け入れざるを得ないのだ。 奇しくも手を差し伸べてくれる人がいるのだから。 そんな状況や存在が映し出してくれる俺を 俺の鏡に写し 毎朝俺はやっとの思いで立ち上がる。 生きているあいだ これは俺の時間らしい。 しかし どんなに苦しんでも 痛くても 嬉しくても 後にはその片鱗が 残響の様にこだまして。 消えて。 しまう。 そして俺はそれを知っていて […]

Read more "Process"

Ground

Ep22-191 Way of of of it. 人は地続き。 地についたアートでも飛び道具。 in feel or i feel? what…? 一瞬のモーメント リマインドMe.me i’m a ghost. sign in a different world これは遺伝的。 solve. – それのその部分と そうではない部分、 その正反対とその他全て。 そしてそのさらに反対。 それで生まれる相対的な部分と 絶対性がパターンになって無秩序。 なのに全ては状況に過ぎず儚く 最早、偶然などと呼べるものが無く悲しく 悲しむ理由すらもない空っぽの。 その空を媒介する物に走り それを媒介する者になるが 身体など既に意味を成さず、 意識すらも自らを。 最早、自覚を過ぎ 自然へと還らん。 また深くそして広大に静まったのち 永遠と一瞬との狭間に 見るものは己の顔より他になく その全てを その全てを砕き 拾い集めた砂で 再び自覚し 風に流し – リルート、ルート キルイットアンダー ファインレート、バランス リーンイン […]

Read more "Ground"

Master key for me

Ep22-180 This world is not simply ~ or not. But, if you could make a right choice, Your world is simple as f. but you must be wrong when you are not with the world. you the cancer. – その先。 ネガポジだろうが何だろうが、 全てへの対応の仕方はわかってる。 プロセスだろうがアンサーだろうが その先だろ。 じゃなきゃ早く殺してくれ。 この世界に興味なんてない。

Read more "Master key for me"

What’s art.

Ep22-180 このままではアートは死ぬ。 アートは消費され過ぎだ。 いやそんな一部の話じゃない。 – 内包される見えない大切なものが 軽く扱われ過ぎている。 省略やそもそもの認識不足 それ自体が形あるものの価値すらも崩壊させている。 そして作り手や発信する側もその状況に屈し 開き直ったような間抜けな様を生み出すことに気付かぬうちに加担している。 – これではいかんと、戦い続ける気力さえも奪われ 才ある個人は世界をそっちのけにし、 自分の世界という殻で自らの存在を守り正当化し肯定しているに過ぎぬ。 この心の貧しさのスラムは。 何とも苦く人の骨を喰らう。 – 張りぼての艶やかな形ばかりが世界を覆い 人の顔を覆い、心をも覆い。 食わねばならぬという気持ちばかりで 心は痩せ細り。藁をも掴むその手には ここぞとばかりに手を差し伸べ互いに対価を奪いあわん。 不安や恐怖を煽り、美しいのはその表向きのみで ああ何と殺伐とした世の中か。 皆の笑顔を願う私もこれには敵わぬ。 電車の中では肩を落とし、席に座ることもなく ただ悲しくも艶やかな外の景色を眺めるのみである。 その雨粒もさぞ悲しかろうに。 燦々と光を返し、冷たいあすふぁるとの上で 死に絶えるのである。 – それを知覚したときの 負の情報量の多さよ 私の胸を背後から貫き 脳をちぎり 人の生というものは 如何なものかと囁き続け 血と肉を計り 過去の行いの全てをここに並べ 試すのである。 しかしその無秩序に人格などあるものか。 それと話し合うほど私は落ちぶれてはいない。 弱さから大きな存在を頭の中に生み出したりなどしないのである。 話す相手がいるとすれば鏡の前の自分と その他良き友達のみである。 – しかし私は疲れてしまったのだ 多くを知覚し、全てを受け入れ 全体を思考し、全体で取り組み向かうべき先とその道筋を知っていながらも尚 この世界に屈しようとしている。 – Ep22-180 朝起きて もう1次元の自覚を作る。 […]

Read more "What’s art."

cry

Ep22-177 こんなに悔しいのは久しぶりだ 涙が止まんないよ – これを超えて初めて また次に行ける。 自分の心に誓う。 誓う。 – というよりもこの涙に教えてもらうことが大きい。 自分がどれだけ本気であるか。 touched. 本当に自覚したときの情報の多さ。

Read more "cry"