War fire

Episode22-17 東京の街並みを/ 変わり映えしない人の多さと 巨大な/ 誰かの栄光が人々を魅了。 搾取と譲渡を繰り返し でっかい経済が回ってる。 おかげで皆が食べられる。 そもそも人が多すぎる。 – 出口のないピラミッド型のゲームに参加。 金で幸せを買える地区。 その見え透いた限界に 時間は振り向きもせず進んでいく。 – 高級という情報が剥き出しの下品な/ 疑うことなくかき分け登り詰める戦地。 たまらない。あの明るい光は笑いの種。 みんな集まれ。魂抜かれてる。 巨大な物質のレイアウトに。 – これより戦火を東京に移す。 不動産に人々が燃えた時代もあったけど 今や直下で揺れたら動産だ。 モノにこだわり抜く東京は 経済を担うど真ん中に向けて、 笑いをもって乗り込むのも悪くない。 – そこに身体は行けるから。 命あるうちにかき回す。 1年越しのStar Stir Solid もーすでに面白い。

Read more "War fire"

Half of the half

Episode22-14 頭ぶち抜くような – 半年後だ。 今の思考が行動に反映されるのは 半年かかるんだ。 それより前は意識し過ぎ。 自分じゃない。 – よし。 これが終わったら 未来へ迎えに行くよ。 – 時間ってのは本当にややこしい奴で きっと悪気はないんだろうけどきっと、 みんなを急かしちゃうんだ。 より早く、より速く、より正確に、より強く。 本当は時間の持つ拘束力はもっと少ない。 死や限界を恐れているうちは あいつが為す力は絶大なんだ。 – 永遠の存在を否定する人すら現代では少なくない。 むしろ大半だろ。 永遠を信じるのは踏み外してるけど 永遠は存在する。 存在させられる。 – 肉体に限りはあれど 命に限りなんてない。 心に精神に限りなんてない。 あるわけがない。 – 物質的な生産と消費の関係じゃいつか朽ちることは、 君にもすぐ見えるだろう。 I’m completely on your side 同時にNo side. No dealで損得勘定じゃない。 – それとは関係なく自分の至らないところは たっくさんあるから、ひとつひとつ拾いに戻る責任があるんだけど。 – Today ハイハブノーコンクルージョン。 疲労感には殺されたりしない。 今は安らかにより良い未来を切り開くだけ。 辛いけどね。物質的な辛さなんてどおってことないさ。一時的だからね。 儚ささえ感じてもいい。 疲れたけどね。 – […]

Read more "Half of the half"

Break through

Episode22-14 みんな俺を勘違いする。 僕も世界を勘違いしてる。 見透かしているようで出来てないし、 なんも見えてないようで全部見えてる。 なのに上澄みだけで思考を巡らせて、 間違ったコミュニケーションばっかだ。 腹裂いて曝け出してるのに それは主観か想像に過ぎない。 正直この人生に何も見出せずにいる。 – それでもやることはやる。 嘘じゃない。 しかし常に恐れが隣にいる。 そのくらいはみんな同じかもね。 恐れや不安、後悔とかよりも高潔な友達と一緒にいたくて。 時間とか愛とか? けどそんなに自分が高潔じゃないんだ – 気分はどうだい? 俺は最悪だよ。 でもこの笑顔は嘘じゃないから 世界が言ってることもわかるよ。 – 笑顔の俺は今の俺じゃない。 未来から来たんだ そういう流動的で曖昧な存在。 – 正直俺も何が何だかわかんねえよ。 状況が僕を2つに引き裂く。 感情が僕を2つに切り裂く。 時間が僕をめちゃくちゃに並び替える。 どうする? – 幸せそうに見えたらそれは 俺じゃない。 見誤っているか、 内部で崩壊しているかどちらかだ。 危険だと思うなら近づくな。 みんなを傷つけてる気しかしない。

Read more "Break through"

Dear my friend//

Episode22-13 Dear my friend 今日のお前はお前らしくなかった。 全ての予定をキャンセルして やることも全て先に伸ばして 家で苦しんでいたんだから最低だったね。 同時に一番純粋な状態を知れたんじゃない? これが本来のお前だよ。 今までで一番苦しそうに見えたけど、 そうじゃないはず。 お前は何度もその痛みを超えてきたんだ。 何も出来てないなんて自分に嘘つくな。 しっかり生きてる。 辛いよな。 痛いよな。 苦しいよな。 終わらせたいよな。 でも俺のために笑顔でいてくれ。 それは自分に嘘をつく事じゃなくて。 受け入れることで。 無理に人間らしく振舞う必要はない。 誰かに何かに生かされるんじゃなく、 強制されるんじゃなく、管理されるんじゃなく 自分で生きろってこと。 その上で全てを超えていけ。 そうじゃない。 超えたいと思ってるのは俺自身だ。 だから力を貸してくれ。 お前が欠けても俺じゃない。 お前の痛みや視覚や思考なしに、 そう脳の障害もなしに お前は、俺は成り立たない。 もっと自分のこと肯定したっていいんだぜ。 死ぬほど辛えんだろ知ってるよ。 クソ辛えんだろ知ってるよ。笑 誰かに助けを求めんな。 人を巻き込むな。 そこに甘えたら最悪の結果って程じゃないが 何も変わらない。 全てを超えられない。 お前と一緒に行きたいんだ。 まだ見ぬ明日へ。 お前が作った負の時間を 俺が背負って生きてやる。 だから明日は黙って力を貸してくれ。 お前が俺ん中にいると簡単にひっくり返りそうになるけど、 お前への恩返しだ お前はただの普通の人間だ。身体だ。 クソ野郎俺の人生めちゃめちゃにしやがって。 笑顔で。 人生は選択じゃない。 2択なんて単純なもんじゃない。 – […]

Read more "Dear my friend//"

Real life happening

Episode22-11 どんな意識も伝達も行動も 優劣なく世界に到達する。 誰に向けたってその全てに影響する。 そうやってみんなと一度きりの人生を生きているのは とても楽しい。 僕の痛みは誰かのせいじゃない。 もともと持ってるものだから。 誰かの、誰からの痛みは笑顔に変えたい。 きっと大丈夫だよ。 いちいち理由を探してちゃダメだ。 可能性を消費して状況から逃げちゃダメだ。 全部繋がってるから心配いらない。 たぶんその努力とか素直さは既に報われてる。 未来できっと回収されてる。 – 痛いもんは痛い 辛いもんは辛くて耐えられない。 たいてい噛み殺して笑い飛ばすけど、 未来なんて決まってる訳がないから 助けに来てね。 俺もきっと何かできる。 そんな気がする。 – dear 無秩序の秩序。

Read more "Real life happening"

Word to world

Episode22-9 Literally I’m killed by those words. All I have is… I just swear not to say die but I It’s too hard to live a life for me Who can understand those pain. Smile 助けなんか来ない。 素直さがいつか報われる。 Start over. 言葉に殺され 言葉に救われる アンビバレンス

Read more "Word to world"