Neutra-06

Ep22-198 Neutra-06の アンビバレンスのシンボルは 躍進的な進化を見せたが 円形のシンボルは残念ながら 研究対象のままに終わった。 何故ならNeutra-04の方が都合のいい表現がなされていて美しかったからである。 05は√2を克服する筈でいたがやはり それは無秩序のものなのかもしれない。 その方向での悩みがあった故に確信的な形としての整合性に至らなかったのである。 形にするよりも先につまり ハードの面よりも ソフト面 概念が先に躍進的な進化をしたが故、 カウントを進めざるを得なくなった。 05での気づきは 概念を実証するには 理念を通して落とし込み衰退させなければならないことに気付いたのだか、 05では物理的な作用に大幅に影響を受けることを理由に不安定であることがわかった。 Neutraはこの方向に落とし込む必要はなく、 人類側の現象界に少しも密輸しなくて良いものであることに気付いたのだ。 感情と状況という理念 またはバランス、 アンビバレンスではなく Neutra-06は 自然的なバランスで成り立つ 概念そのものとしての 確実性を取り戻したのである。 これにより人類から十分な距離を保ち、 同時に人類を身体的に追い込む性質を克服した。 タイミングがいいので津田氏の 愛知トリエンナーレのコンセプト 情の時代の構成要素 情という漢字がもつ3つの意味と役割に当てはめて説明せば いや必要ないなそこまで情報社会に媚びる必要もない。 – まとめれば Neutra-05で 感情と状況が入り混じった カオスへの突入を体験し 再び感情と肉体の側面が持つ 痛みを経験的に知ることで それらを達観した。 It goes wrong の末尾で述べたことから 自分の言葉の性質からヒントを得て 数量的なものの影響をインストールすれば 物理的な影響が人間の身を内から破壊することが よく分かったので、 知識量的な、または密度的な エントロピーの法則 等の現象を超越するにはやはり 理念への落とし込みではなく […]

Read more "Neutra-06"

It goes wrong

Ep22-197(20:45不意にその瞬間が訪れる) (昨日精神障害を友人にカミングアウトすることで克服したと思われた事が自己存在を理解する手がかりになったが次の日、その覚醒した脳に変化が現れる。これはその事実を綴ったものであり自己存在の記録である。) – これは側面でしかない 秩序部分の無秩序部分を見ているに過ぎない。 これは本当にまずい。 いや無秩序から見た秩序か?? 、、いや これは まずい。 危ない。 ダメだ。 上手く行っていた 安定していたはずなのに これは 制御できない まって 、 2人目の概念対話によって 上手く行き過ぎた。 いや正に きついまって 嘘だ止めてくれ だめだ 立論が上手く行き過ぎて 概念としての成立が 機能して 見えないものが見えるようになるまではよかった。 いや、それを説明するまではよかった。 そこで感じた喜びも正常な結果だったし、 確かに伝わった感覚を得たのだがしかし、 自分を深掘りし過ぎた。 上手くルートを取り過ぎた その結果、昨日までの能力を超えて ああああしんどい まってこれはは 、 止められないのか 自分で? 世界と繋がり過ぎたせいだ。 アクセス可能な、容量を 脳の容量を超えてアクセスした結果だ 感覚という安全装置が 機能しないつまり 感じすぎている状態で 情報が ああああ 流入し過ぎて 死にそうだ頭が これが止められない。 だって感覚が 感覚に繋がれていて これまで 情であああ 情で考えてこなかった部分が […]

Read more "It goes wrong"