no gravity motion

Ep22-312/Nc1:313.8(+1.3) Ep22-311/Nc1:312.5(+1.5) 少しずつ本当に少しずつ 数年間の努力が実を結ぶ。 アウトプットはスロー それが世界の定理 インスピレーションは 雷のように体内を巡り アウトプットだけはスロー alight こういう時が大事 無重力空間で如何に体勢を整えて 行きたい方に大地を蹴るか。 この渚で揺らいじゃいけない。 全身全霊で静 存在はノーモーション。 裏も表もその全てを信じるんだ そして直に感じるんだその全てを。 目の裏に滝のように流れる生命の光 この練がcauses yeah every exist 俺はここにいない。 全てとその他全て。

Read more "no gravity motion"

bit

Ep22-309/Nc1:310.0(+0.6) don’t bother me. who are you? you came out very later and need me or what? i don’t get it what’s your purpose? i’m scared really why me why? i just wanted to be like a f- but you run into my time and… should i accept the light ddd

Read more "bit"

Call out tall

Ep22-308/Nc1:309.4(+1.4) 時空 昔の自分の努力に救われてこそ。 考える 考えることを考える アートとは何か 俺は少し分かってきたよ。 けど少し。俺の主戦場はひとつじゃない。 そして戦場にはいない。 強く想うこと以上に大切なこと それは自分を信じること。 か? とか。 濁りを無くす。

Read more "Call out tall"

Count – zero

Ep22-306 Neutra coefficient ニュートラ係数のカウントを開始 – スタートを1とし 自分がどれだけの存在かを自ら測り 指針とする。 絶対比1:1をベースとし 存在の上昇角度45°を基準とする。 ニュートラ係数の表記は Nc宇宙存在:自己存在/365(+日の評価値) これをEpisode歳-日数/365と呼応するものとする。 つまり正しい評価値は平均が1.0であり 変動することになる 評価方法は全方位評価法にて マイナス値はなく 最低評価はゼロである。 これは上昇角度45°が基準であるためで 相対的にマイナスを意味するものである。 この数字は確かであり不確かな 自己存在、魂そのものの測量に値し 長期的な計測のもと、 人の自然科学的周波数を導き出すことを期待する。 Ep22の残りの日数を試験期間とし Ep23からの本格運用を開始する。 – SEXのライブペイントは+2.0にする。 今日の評価値は+1.2とする。 これまでの日数に平均値を適応し Ep22-306/Nc1:307.2 と表記する。 十分なデータをもとに総合値を算出することも念頭にいれ、最終的には視覚化を目指す。 ご存知の通り、例えるなら同時相互呼応の係数であるため、Neutraと自己存在に確かな繋がりをもたらすものにもなるだろう。 基準値45°を 水平に傾け 魂の曲線を観ることが楽しみでしょうがない。 それは8角の全方位に基づいた 宇宙法則と意思が絡み合うその形は 生涯の宝となるだろう。

Read more "Count – zero"

sector

Ep22-304 メモ 掃除機 ベース色 比率 図案 角度 感覚 筆 ヤスリ 文章 メッセージ ウエス タオル 段取り – アートするたびに節目にぶち当たる。 アートするためにこの身がある。

Read more "sector"