attack

Ep22-277 hi i’m check in 深く息を吸う 周りの状況を知覚する you turned me on but, you ran out the cost of your m everybody wants me nobody wants me 欲望の星 カルデラ湖 シンパシー rang the alarm – what you want 多次元的な波紋の中 見出した価値こそが 揺らぐ土台 蜃気楼 足元見透かされた鏡のよう – 大気との混ざり合い 脳に送る酸素 想像の彼方 人間は無限 – 大地から突き出た岩の群れ たくましく勇ましく空へ登る ただ目指すのは天でなく この星の軸方向 よって心地よい風が吹く – 常にプッシュ inspired […]

Read more "attack"

my last

Ep22-274 最終章 ではないが そんな気分だ。 ここにも書けないことは沢山。 機能が停止する あらゆる機能が停止する その瞬間 いや渚 こんなに儚く 惨めなこともないだろう last moment Don’t breath – 欠落した感覚 劣等感 認められない存在として 今も健在 適当な言葉の羅列 嘘でも本当でもない こんなにも こんなにも 沢山失って 傷じゃない 怪我をした ただこの瞬間も 何も何一つとして 諦めてはいない。 諦めてはいない。

Read more "my last"

zee

Ep22-266 爛れた腕 鏡見て気付く 俺は変わった ただどっちに変わったのかはわからない。 ごめんな こんなつもりじゃないんだ。 誰もこんなつもりじゃなかっただろ? こんなに醜い世界にいつからなった? 誰もこんなつもりじゃなかっただろ? こんなに美しい地球の軌跡だって。 How much i feel. 何かを捨てなきゃ前に進めないなら 進むべきだとは感じない。 – 何かが違う。 みんな何が違うかなんてはっきりわかってる。 なのに。 – その覚悟のある者だけが 全方向に戦う。 戦わずして勝ち 負けずして散る。

Read more "zee"

aiaiai

Ep22-261 Really, who am i? それ以上を持ってる だけどそれが何なんだ? If i quit って言わないから何なんだ。 what’s your ideas? それ以上に俺の理想が何なんだ。 ここが分岐点 常に分岐点。 だから面白いんだけど それで正しいか。 何が正しいかなんて自分で決めろ。 それがどの方向にどこまで正しいかなんて たかが知れてるだろ? 悲観的なんかじゃ無いって否定したって その二つの事実が残るだけなんだ。 and i love そんな世界を愛してる – 俺はあるとき夢を語る奴だ。 何故ならその必要があるからであり 実行段階においては 現実的でなければならない。 – オールグリーン だからオンリーミー is that chaotic???

Read more "aiaiai"

one big cycle

Ep22-258 霧がかかって前は見えない 正しい光だけが頼り。 一億光年の旅を終えて 新たに発つ 共に向かう 事象の地平線 – フラストレイテッド 小さな部屋の圧迫感 こんなんじゃ目指してるレンジには行けない。 行けたとしてもまた帰って来なきゃいけない。 マインドだけ超えてる 現実はもう少しの辛抱。 – 誰かの為に走りたいだけなんだ i can’t mean to this world. なのに苦しんでる人もいる。 ビッグサイクル can’t forget nothing. – よく見られたいだけなら辞めときな。 あんまり沢山勘違いすんな。 目に触れるもの全てに抱く嫌悪感 パラノイド このままじゃ生きてけない。 お前が負けようとお前は悪くない。 だけど俺だけは折れられない。 折れないだけじゃ何もできない。 – 鎮痛剤まじで飲みたくない。 ダブルノットスケアド 1人じゃまじで意味がない だって1人だけじゃない 紙一重 この星じゃ生きられない。 – 選ばれんじゃなくて 自分で選べ 背中に火つけろ 何が違う あれが違う 一周して全部 連帯責任 ワンビッグ – 鈍ってこそ研ぎ澄ます 空気思考劣悪な環境 […]

Read more "one big cycle"

Call out tied

Ep22-257 秒針に乗って急ぐ時間。 短針振り切って止まった時間。 何だって崩すのは簡単さ。 誰だって崩すのは簡単なんだ。 だから俺は建てなきゃいけない。 建てて崩す勇気がなきゃいけない。 – プロセス考える光速の世界 社会的には物理法則を超えてはならない。 高次元のポケットは理にかなってる。 時空に生きることが許されないなら せめて肌身離さず持ち歩いていたい 永遠のぬくもり。 – ヒットメーカー ゲームチェンジャー コレクティブ シャウトラウド – 自覚における最重要文脈 “敢えて” 意識と無意識のあいだ 安定したケイオス 高笑い。 – 強襲 波打ち際 圧倒的な大地 宇宙まで伸びる文脈 ノスタルジア 郷愁 – フラッシュバック 情動 コネクテッドオール 系統樹 ルートエブリシング のちの絶対存在。 そのプロセスの文脈を 凌駕する 加速度Neutra 敢えて再設定

Read more "Call out tied"